日本山人蔘茶おいしい活用法

手間なしカンタン!日本山人蔘茶を使ったとっておきのレシピを紹介

日本山人蔘(ヒュウガトウキ)の活用法
日本山人蔘茶缶入り/ティーパック)はお茶としてそのまま飲むだけでなく、お料理にもお菓子にもお使いいただけます。ほんの少し加えるだけで風味が増したり、くさみが消えたり。しかも栄養バランスがアップしてとってもヘルシー!ヒュウガトウキのおいしい活用法(レシピ)をぜひお試しください。

日本山人蔘茶
ポイント
※煮出したお茶の場合は冷ましてからお使いください。
日本山人蔘茶の濃さや量はお好みで調整してください。
※出がらしも使用できます。
天日干しにしたものをミキサーやすりこぎで粉末状にします。

日本山人蔘レシピ

白米・玄米
山人蔘茶レシピその1:白米・玄米
お米をといだ後、いつもより少なめにお水を加え、減らした分だけ日本山人蔘茶を注ぎます。(量が多いほど色がつきます。)玄米の場合は半日浸すことで、独特の臭みが消え、香ばしく柔らかな炊きあがりになります。
汁もの
山人蔘茶レシピその2:汁もの
昆布やいりこ、かつお節などで出汁をとる時に水と一緒に日本山人蔘茶を加えると、出汁のうまみや具材の風味がアップします。おみそ汁やお吸い物の他、茶碗蒸しの出汁にもお使いいただけます。
コーヒー
山人蔘茶レシピその3:コーヒー
いれたてのコーヒーに日本山人蔘茶を数滴入れると苦みがやわらぎ、味もまろやかになります。
ホットケーキ
山人蔘茶レシピその4:ホットケーキ
ホットケーキの生地を作る時、水や牛乳の代わりに濃いめの日本山人蔘茶を入れる、もしくは粉末状にした出がらしを加えると、よりヘルシーなおやつに早変わり!
鮮魚
山人蔘茶レシピその5:鮮魚
冷蔵庫で冷やした鮮魚を水洗いする時、冷ました日本山人蔘茶で洗うと、ぬめりや臭みがとれます。(ボールにお茶を入れて洗うと洗いやすくなります。)

お肉
調理前に日本山人蔘茶をスプレーすると肉質が柔らかくなります。

レバー
日本山人蔘人茶でレバー特有の臭みを取ることができます。

お漬物
漬物を洗う時に日本山人蔘茶を水の代わりに使用してください。ぬめりも簡単に取れ鮮度も長持ちします。
プリン・ゼリー
水の代わりに日本山人蔘茶を使うと、ヘルシーでおいしいパンが焼き上がります。


プリン・ゼリー
水の代わりに濃いめに出した日本山人蔘茶を入れます。

焼酎・ウィスキー
焼酎やウィスキーを日本山人蔘茶で割るとよりマイルドな味に。

カレー
具材を煮込んだ鍋にカレー粉を加える時、一緒に粉末状の出がらしをティースプーン1杯程度入れるとまろやかになります。

焼酎漬け
果樹酒など焼酎漬けを作る時、焼酎と一緒に日本山人蔘茶のティーパックを入れると、まろやかで飲みやすくなるだけでなく悪酔いもしにくくなります。

日本山人蔘(ヒュウガトウキ)に関するお問い合わせはエレガントジャパンお客様相談室へ